ACの克服にかかる時間について

AC(アダルトチルドレン)のカウンセリングに来る方から「克服までにどれくらいの時間がかかりますか?」と質問されることは多いです。

少しでも早く苦しみから抜け出したいと思っていれば、どれくらいの時間が必要なのか知りたいのは当然です。先の見えない苦しみほど耐え難いものはありません。

そこで今回は研究の結果や私のカウンセリングの経験を基に、ACの克服にかかる時間について説明したいと思います。

何もしなくとも中年以降で僅かに改善される

ACとは機能不全家族で育ったことで愛着の問題が生じ、大人になっても生きづらさを抱えている人のことです。

不安定な愛着スタイルを持っている人ともいえます。

実はこの愛着スタイルは意識しなくても変化していくことが分かっています。

ミシガン大学のウィリアム・ショピック教授らが18歳から70歳までの86,000人以上を対象に行った調査があります。

それによると愛着の不安は10代から30代までが最も高く、中年以降は低いことが分かりました。

つまり数十年あればACは多少は改善する可能性があるということです。しかし克服というほどに劇的に変化するかは不明です。

4ヶ月で変わる方法

実はさきほど紹介したのと同じ程度の変化を4ヶ月で起こす方法も分かっています。

何をすれば良いかというと「変わりたい」と思うことです。

こちらはサザン・メソジスト大学のネイサン・ハドソン博士らの研究ですが、参加者に一週間に一回ほど継続的に自分の愛着スタイルについてのアンケートに回答してもらいました。

すると自分の愛着スタイルを変えたいと思っている人は4ヶ月で愛着の不安が低下していたのです。

どれくらいの変化量かというと、変わりたいと思っていない人が若年期から中高年期までの数十年で体験する変化と同じくらいでした。

変わりたいと思っている人は不安を感じたときなどに「もっと前向きな捉え方もあるのでは?」と考えることが多いので、その習慣が脳に変化をもたらしたと考えられます。

ACが克服できたといえる具体的な期間

ここまで紹介した研究はあくまで愛着の不安は変化するということを説明したにすぎません。ACを克服できたとまで言い切るには変化の量が小さすぎるでしょう。

ではなぜこのような研究を紹介したかというと、ACが克服できる(=脳が変化する)ことは科学的に証明されていることを知ってほしかったからです。

カウンセリングをしていればACを克服した人を何人も見ますが、その経験だけに基づいて説明するのは説得力に欠けます。エビデンスを示したうえでACで悩む人に納得してほしかったのです。

ACを克服するまでの明確な期間が判明したエビデンスがあれば良かったのですが、残念ながらそれは見つけられなかったのです。

ですからこれは私の経験に基づくデータとなってしまうのですが、ACを克服するまでの期間は半年から2年程度だと思います。

もちろん個人差はありますし、カウンセリングを継続した人というサンプルの偏りがありますから定量的なデータとはいえません。

しかし半年以上の時間を掛けて全く良い方向に変化しなかったという人はほとんどいません。

「一回のカウンセリングで克服できる」に注意

最後にACのカウンセリングで注意してほしいことをお伝えします。

ACの克服は、気がついたらネガティブな思考の癖が消えていた、他人に依存しなくなっていた、というように自然となされることが多いです。

しかし、中にはある日突然に「なぜ自分はこんな変な考え方を持っていたのだろう?」という思考が芽生えてそこから克服できたという人もいます。

このようなパターンがあるためなのか、カウンセラーの中には「1回のカウンセリングでACを克服させます」と謳い相談者を集める人もいます。

私はAC関連の研究はかなりの量を調べていますが、ACが1回のカウンセリングで克服できたという結果の論文を見たことがありません。

1回で克服できるというカウンセラーは相談者が初回に「おかげ様でもう大丈夫になりました」と言うのを真に受けているのかもしれません。

ACの悩みを相談に来た人が初回で「もう大丈夫です」と言った場合は「このカウンセラーじゃダメだ、次の予約を強引に取らされたら嫌だから大丈夫と言っておこう」と思っているだけなのですが、そのことに気づけていないのかもしれません。

カウンセリングルーム選びは慎重に行ってください。

参考文献
・William J. Chopik, Robin S. Edelstein, and R. Chris Fraley. (2013). From the Cradle to the Grave: Age Differences in Attachment From Early Adulthood to Old Age.
・Nathan W. Hudson, William J. Chopik, Daniel A. Briley. (2020). Volitional Change in Adult Attachment: Can People Who Want to Become Less Anxious and Avoidant Move Closer towards Realizing those Goals?

タイトルとURLをコピーしました