アダルトチルドレン

1/6ページ

アダルトチルドレンに向いている仕事は存在しない

アダルトチルドレンに向いている仕事を列挙することは不可能です。 なぜなら同じ業種でも会社によって環境や雰囲気は異なるからです。 またアダルトチルドレンでも性格はそれぞれ異なりますから全員に同じものが向いていることはないのです。 イメージと実務は全く違う 仕事を選ぶときでもアダルトチドレンの相談をする […]

アダルトチルドレンが人生を楽しめない心理

何をしても楽しめないというアダルトチルドレンがいます。 なぜこのようなことになるのでしょうか? それは過去の経験によって楽しいという感情を覚え難くなっているからです。無意識に抑圧しているともいえます。 ポジティブな感情を抑圧する アダルトチルドレンは楽しいという感情が芽生えそうになると無意識に抑圧す […]

アダルトチルドレン(AC)は親の性格を全員に当てはめる

機能不全家族で育ったアダルトチルドレンは他人を見るときに親の性格を当てはめることがあります。 どんな相手に対してもそのフレームを通してみようとするので信頼できる人を見誤ります。 親の性格に当てはまる部分にのみ注目する アダルトチルドレンの親の性格はどんなものでしょう? 反論を認めず従順でいることを求 […]

「誰にも悩みを相談できない」というアダルトチルドレン(AC)

アダルトチルドレンは悩みを誰かに相談することが苦手です。 その方法を知りませんし、自分のことを話すということは弱みを握られることだと勘違いしているからです。 それにも関わらず利用するタイプの人間には相談してしまったりするのdす。 なぜ相談の仕方を知らないのか? アダルトチルドレンの周りには相談できる […]

自己憐憫とは捨てきれない幼児性のことである

自己憐憫の意味を辞書で引くと「自分のことを可哀想と思うこと」と書いてあります。 なぜ自己憐憫に陥っている人は自分を可哀想と思うのでしょうか?それは求めるものの数と量が多くなっているからです。 恋人から愛されたい、友達から愛されたい、もっと良い会社に入りたい…それが叶わない自分はなんて不幸で可哀想なの […]

心理的リアクタンス理論とは:ACの恋愛にも関係する心理学

自分でやろうと決めていたことでも誰かに「やりなさい」と言われると反発したくなってしまうことがあります。 たとえその行動が最適なものであったとしてもやる気を失ったり違うことをしたくなるのです。 このように強制されると反発したくなる心理現象は「心理的リアクタンス理論」によって説明することが可能です。 こ […]

「なぜ嫌われるのか?」ではなく「なぜ嫌われることを恐れるのか?」を考える

無意識の行動によって他人を不快にしてしまう人は存在します。口を開けば常に悪口をいう人や、行動の一つ一つがガサツでやかましい人、自分を客観視できない人はそうでしょう。 しかしアダルトチルドレンが誰かに嫌われていると思っているときはそれが勘違いであることが多いです。それにも関わらず悶々と悩んでしまうこと […]

他人に利用されやすい人の特徴とそこから抜け出すテクニック

あなたは他人に都合よく利用されるタイプですか? だとしたらそれは自分でそういうメッセージを発しているからかもしれません。 「私は簡単にコントロールできる人間です」と気づかないうちに言ってしまっているのです。 でも安心してください。ちょっとしたテクニックで相手の反応が変わります。 冷たいあの人と愛想の […]

毒親が許せないと思っても怒りは消えていくから大丈夫

毒親を許すとか許さないということに固執すると問題が解決できなくなることがあります。 なぜなら怒りを消すためにはその二択のみが正しい方法ではないからです。 このような考え方を持ってしまうのは教科としての道徳の価値観に影響されてしまっているからです。 許そうと許すまいと毒親を気にしなくなる時というのは来 […]

彼氏や親友に素直にお願いできないけれど察してもらえないといじける

彼氏に旅行に連れていって欲しいと思ったとき直接言葉にするのが苦手な人はそれとなく匂わせます。 それで相手が気づいてくれないと怒ったりいじけたりすることがあります。 これは子供時代に適切な要求の方法を学習しなかったことが原因かもしれません。 正しい要求の仕方を覚える過程 乳幼児期は黙っていても泣いてい […]

1 6