心理学

心理学

嫌なことがあったときはテトリスをすると思い出す機会を減らせる

嫌なことがあるとそれをいつまでも覚えていて、そのことばかり思い出してしまうことがあります。 これは人間の脳の仕組みを考えれば自然なことです。脳は感情と結びついた記憶ほどいつまでも覚えているものだからです。 特に嫌なことや危険なことは次回も同じ目に遭わないようにいつまでも覚えているのです。他の動物に襲われる危険のあった原始時代の名残といえます。 このような脳の機能は現代の私たちに...
心理学

ポジティブな言葉は逆効果!辛い気持ちになる

自己啓発書やカウンセラーが書いた本には「前向きになるためにいつもポジティブな言葉を唱えましょう」と書いてあることが多いです。 言葉がその人の感情に影響を与えることは間違いないでしょう。自分の発した言葉を一番聞いているのは自分ですからポジティブな言葉を唱えることで暗い気持ちが明るくなる効果もあるでしょう。 しかし自己肯定感が低い人の中にはそういった行為がどうしても出来ない人がいます。 ...
心理学

ストレスを抱えてもお酒に逃げるな、特に女性は危険

あなたは恋愛で嫌なことがあっり、仕事でストレスを抱えたらお酒に逃げますか? それが習慣になっているなら危険かもしれません。 特に女性の場合は脳への影響が男性の3倍早く出るとも言われています。 恋愛の嫉妬はアルコール使用と関連している 彼氏や好きな人が他の女性とイチャついたりすると嫉妬をするものです。相手の行動により自尊心が傷つけられることもあります。 そういったとき...
心理学

恩着せがましい人の心理

恩着せがましい人には感謝されたい、良い人と思われたい、コントロールしたいという心理が隠れていることが多いです。 またお互いの関係性によってもその意味合いが変わってきます。 恩着せがましい人の特徴をそれぞれの関係によって説明します。 彼氏や夫 何かをするたびに恩着せがましい態度をとる彼氏や夫がいます。 彼らには感謝させることで優位に立ってコントロールしたいという心理が...
心理学

自分の居場所がないと感じる理由と改善策

職場や学校に自分の居場所がないと感じているなら自己に対する認識を誤っている証拠ともいえます。 他の人たちは居場所があるように見えるかもしれません。しかしそれは表面的なものに過ぎないのです。 みんなそこに所属しているように振舞っているだけです。あなたが気づいていないだけで本当は無理をしている人もいるのです。 多くの人が気づいていないかもしれませんが、一人でいるのが嫌なのではないの...
心理学

エナジーバンパイアと縁切りしない人の末路

一緒に遊びにいくと心身ともに疲れ果ててしまう友達や恋人、職場で会話をしただけでモチベーションが下がる同僚や上司。中には家族にこういうタイプがいるという人もいるかもしれません。 彼らはエナジーバンパイアと呼ばれる人々です。 一緒にいるだけでこちらの心を消耗させるため縁切りするか適度な距離を持って付き合う必要があります。 そうしなければあなた自身も悲惨な末路を辿ることになってしまう...
心理学

ひとりでいられない人の恋愛がうまくいかない理由

ひとりでいられない人の恋愛はたいてい上手くいきません。 なぜなら自分の時間が充実していないので重たい雰囲気を醸し出してしまうからです。 そのためまともな人は逃げていき、利用しようとする人だけが近づいてきます。 まともな相手とは長続きしない ひとりでいられない人は恋人に対して重たくなります。 常に一緒にいたがり会えないときは頻繁に連絡を求め何をしているのか知りたがりま...
心理学

自撮り写真を加工する女性の顔に対する自信と心理的影響

自撮り写真をインスタグラムやフェイスブックに投稿することについての心理的影響について調査した論文がいくつかあります。 結果は様々で自己評価が高まるという人もいれば、反対に下がるという人もいます。 もともと自分の顔に自信のある人がSNS上に投稿するわけですからポジティブな活動であるケースのほうが多いでしょう。 しかし近年では写真を加工するのが当然のようになっています。そのため実物...
心理学

褒められるのが嫌いな人の自己検証理論

自己評価が低い人は他人から褒められると嫌な気持ちになることがあります。 これは謙遜などというものではなく気持ち悪いという感覚に近いものです。 そのため恋愛などにおいて自分を否定するような相手に惹かれることがあります。 このような現象は「自己検証理論」によって説明することができます。 自己検証理論とは 自己検証理論とは「人間は自分が認識しているように他者からも見られた...
心理学

本当に優しい人は過去に逆境やストレスを克服した強い人

本当に優しい人と安全な所でだけ優しいフリをする人を見分けるのは難しいです。表面上は同じような特徴しか見えてこないからです。 一つ見分けるポイントがあるとしたら過去に逆境やストレスを乗り越えているかどうかということかもしれません。こういう人は修羅場でも優しさを失わない強い人でもあります。 自分が強くないことを自覚している人の優しさ そもそも人はそれほど親密でない人に対して強い思い...
心理学

辛いことばかり思い出す理由は気分一致効果

あなたがいつも辛いことばかり思い出すというのなら実際に起こったことよりも自分の心理状態の影響が大きいのかもしれません。 人間は辛いときには辛いことを、楽しいときには楽しいことを思い出す心理を持っているのです。これを心理学で「気分一致効果」といいます。 そしてこれが実際の人生で起こる事にも影響を与えるのです。 気分一致効果とは 気分一致効果とはそのときの気分と同じような記憶...
心理学

「人の性格は変わらない」は錯覚だった

人の性格は変わらないという人がいます。 もしかしたらあなたもそう信じているかもしれません。 そんな人達に聞きたいのですが10年前の自分と今の自分は全く同じ性格と価値観を持っていますか? そんなことはないはずです。変わっているのです。 異性の好み、付き合う友達、好きな芸能人、趣味、仕事に対する向き合い方、家族感などなど。 これらの変化は性格や価値観が変わったから起こっ...
心理学

好きな人を早く忘れる方法「空想の記憶喪失効果」

好きな人を忘れるのは難しいことです。 ZARDの歌ではありませんが「忘れようとすればする程好きになる」からです。 このことはダニエル・ウェグナーの「シロクマのことを考えるな」と言われると余計に考えてしまうという心理学実験でも証明されています。(このような脳の働きを皮肉過程理論と言います) 好きな人を忘れるには時間が経過するのを待つというのが最も確実で効果的な方法かもしれません。...
心理学

「何をやってもダメな自分」と思うのは学習性無力感のせい

「自分は何をやってもダメな人間だからどうせ上手くいかない」と思い込んでいる人が多いです。 カウンセリングで必ず変われるという説明をしても「他の人はうまくできるでしょうが自分は無理です」と自分の能力を見くびってしまいます。 これは子供時代の失敗の繰り返しにより「何をやってもダメ」という学習性無力感が身についてしまったことが原因かもしれません。 子供時代の失敗が大人になったときのチ...
心理学

彼氏にお金を貢いでしまうのはなぜか?

あなたが彼氏にお金を貢いでしまうのは相手のことを好きだからではありません。 自分自身の心理がそうせざるを得ない状況になってしまっているのです。 恋愛依存症になりやすい女性には男性に貢いでしまう心理的な要因がたくさんあります。 そしてヒモ男タイプの彼氏はこのあたりの心理を非常によく弁えています。 貢ぐから好きになる 人は自分の考えと行動に矛盾が生じると不快になるためそ...
心理学

防衛機制(適応機制)の種類と解説

不安や危機に直面したとき心を守るために無意識に働く機能を防衛機制(適応機制)と言います。 人間の心には本能的な欲求もあればその暴走を抑えようとする規範的な部分もあります。 これらの衝動がぶつかりあいバランスを失いそうになるとそれを解消するために発動するのです。 自分の感情がつかめない人や行動の原因が分からない人は自分の中で防衛機制が働いていないか確かめてみましょう。 アン...
心理学

バタードウーマン・シンドローム(被虐待女性症候群)とは

夫や彼氏からの暴力を受け続けることによって抵抗や逃亡の意欲さえ失ってしまう状態のことをバタードウーマン・シンドローム(被虐待女性症候群)と言います。 DV男と別れることが出来なかったり別れてもすぐに元に戻ってしまう女性はこの状態に陥っている可能性があります。 ※「虐待された、暴力を振るわれた」という意味のbatteredが語源です。殴る配偶者はbattererと呼ばれます。 暴...
心理学

フーバリング(ナルシストな元カレからの連絡で悪循環に引き戻される)

「フーバリング」という言葉をご存じでしょうか? これはアメリカ国内で使われる言葉で「掃除機をかける」という意味です。 hooverという老舗掃除機メーカーがあるのでそれを動詞っぽくしてhooveringです。検索することを「ググる」というのと同じです。 このフーバリングですがもうひとつの意味があります。それは「ナルシストで利己的な元彼が別れた後に再び悪循環に引き込む」という意味...
タイトルとURLをコピーしました