カウンセリング予約受付中(東京都内)

心理学

1/3ページ

なぜ「自分は何をやってもダメな人間」と思うのか?(学習性無力感理論)

恋愛依存症に陥ってしまう人は「自分は何をやってもダメな人間だからどうせ上手くいかない」と思い込んでいる人が多いです。 カウンセリングで必ず変われるという説明をしても「他の人はうまくできるでしょうが自分は無理です」と自分の能力を見くびってしまいます。 これは子供時代の失敗の繰り返しにより「何をやっても […]

ヒモ男にお金を貢ぐことをやめられない心理的要因(認知的不協和とサンクコスト)

あなたがヒモ男にお金を貢いでしまうのは相手のことを好きだからではありません。 自分自身の心理がそうせざるを得ない状況になってしまっているのです。 恋愛依存症になりやすい女性にはヒモ男に貢いでしまう心理的な要因がたくさんあります。 そしてヒモ男はこのあたりの心理を非常によく弁えています。 貢ぐから好き […]

彼氏との喧嘩の後に復讐されても愛情表現と勘違いしてしまう

恋愛依存症の女性が彼氏と喧嘩した後にひどい暴力を受けたり自分のモノを捨てられたりすることは珍しくありません。 彼らは自分の思い通りにいかないことがあると許せませんし、自分を怒らせたことに対しても怒るので些細な出来事でも大きな復讐をせずにはいられないのです。 しかし恋愛依存症の女性はそれを理不尽な復讐 […]

簡単に肉体関係を持ってしまう原因(性的トラウマ)

セックスがそれほど好きというわけではないけれど男性から求められるとすぐに肉体関係を持ってしまう女性は性的なトラウマが原因になっていることがあります。 簡単に肉体関係を結ぶことで自分の傷を軽いものであると思い込もうとしているのです。 レイプや近親相姦などの辛い体験をするとそれがトラウマになってしまいま […]

乳児期における母親(養育者)との分離が人間関係に与える影響

人間は乳児期に母親(養育者)との間に絆が生まれることで他者への信頼を獲得するようになります。 この時期に何らかの理由により分離が起こると他者への信頼感を育むことが出来なくなることがあります。 そして成長したあとも性格の偏りが生じたり安定した人間関係が築けないという問題が生じてしまう可能性があります。 […]

両親の不仲がトラウマとなり恋愛に悪影響を与える

あなたが恋愛できないのは両親の不仲がトラウマになっているからかもしれません。 男性と女性が近づくと悪いことが起こるという刷り込みがされているため人を好きになったり親密になることに勇気が持てないのです。 両親の恋愛パターンから無意識に強い影響を受けているのです。 不仲な両親に育てられた子供の恋愛 あな […]

隠しているトラウマや短所を指摘されると崇拝してしまう

恋愛依存症のカウンセリングをしている中で気をつけていることがあります。 それは相手が隠しているトラウマや短所にカウンセリング中に気づいたときの伝え方です。 人間というのは自分が隠したい弱点を指摘されると恐怖と尊敬を同時に抱いてしまうことがあります。「この人は何でもお見通しだ」と錯覚してしまうのです。 […]

占いに依存する心理(占いジプシーにならないために知って欲しいこと)

あなたが占いに依存してしまうのは一時的な安らぎを得たいからです。 ニコチン中毒者にとってのタバコのようなものです。 恋愛依存症は占いに依存している人がとても多いです。 彼氏への依存を占い師への依存で間に合わせているのです。 占いに依存しているというのは何らかの心理的な問題を抱えていると言えます。 心 […]

防衛機制(適応機制)の種類と解説

不安や危機に直面したとき心を守るために無意識に働く機能を防衛機制(適応機制)と言います。 人間の心には本能的な欲求もあればその暴走を抑えようとする規範的な部分もあります。 これらの衝動がぶつかりあいバランスを失いそうになるとそれを解消するために発動するのです。 自分の感情がつかめない人や行動の原因が […]

彼氏から連絡が来ないと不安なのにハマる

連絡をくれない彼氏と別れたいと思っていても絶妙なタイミングで連絡が復活するのでなかなか別れられないということがあります。 これは人間の心理としては当然のことです。 感情の落差による中毒性 彼氏と繋がらずに待っているときの不安はとても大きいものです。 そしてようやく繋がったときの喜びはとても大きくなり […]

1 3