愛着障害

1/2ページ

不安型の愛着障害を持つ人が克服の一歩を踏み出せないのはなぜか?

不安型の愛着障害を克服するためには何かを変えなければならないことのほうが多いです。 認知、行動、人間関係など変えるべきことは様々です。各々の性格や置かれた環境によって適した克服方法は異なります。 皆バラバラなのですが不安型の愛着障害を持つ人に共通することもあります。それは変化を好む人が少ないというこ […]

大人の愛着障害のための安全基地の作り方

愛着障害を克服するためには安全基地を作ることが効果的です。たいていは恋人や配偶者です。精神的に安定した強い人を選ばなければなりません。 そういったパートナーと出会えないときは人間意外のものを安全基地とします。 健全な愛着が一人でいられる力を育む 愛着理論を提唱したイギリスの精神科医ジョン・ボウルビィ […]

愛着障害の試し行動は大人になっても続く

「試し行動」とは愛情を確認するために相手を困らせるような行為をすることです。それでも拒絶されないことによって自分は愛されるべき存在なのだと確認したいという欲求が隠れています。 子供の行為として保育の現場で使われることの多い言葉です。しかし愛着障害のように自己の存在に自信が持てないまま成長すると大人に […]

愛着障害の大人が仕事でミスばかりする理由は認知リソースを使い果たすから

大人の愛着障害が仕事に悪影響を及ぼすことがあります。 決して能力が低いわけではないのに結果が出なかったりミスを頻発してしまったりするのです。 こういったことは緊張感のある職場や怒りっぽい上司の下で発生しやすいといえます。 仕事に向けるべきリソースまで感情の制御に使ってしまう 乳幼児期に愛着がしっかり […]

facebookのプロフィール写真を恋人とのツーショットにする人の心理

ここ数年facebookなどのソーシャルネットワークサービスにおける行動から人の心理を読み解こうとする研究が増えています。 論文のデータベースなどを見てもたくさん見つかります。 オンラインアンケートなどで容易に調査できることも原因でしょうが、人間の内面が出やすい場所なので研究対象にしやすいのだと思い […]

ACEスコア(逆境的小児期体験)の説明と質問紙

ACEとは子供が家庭内で遭遇する有害な体験の中でも発生する可能性が高い10個の項目のことです。 「Adverse Childhood Experiences: 逆境的小児期体験」の略でACEsと表記されることもあります。 アメリカの医療保険会社カイザー・パーマネンテと疾病予防管理センターが行った「A […]

見捨てられ不安が強いと生まれてきた子供に嫉妬しやすい

子供が生まれた直後はストレスや身体的負担がかかりますから夫婦の関係に亀裂が入ることもあります。 またパートナーに対して父親や母親としての役割まで求めている人は子供にジェラシーを感じてしまうこともあります。 愛着不安を抱えている人ほど生まれてきた子供に対して嫉妬してしまうということは最近の研究結果でも […]

スマホが鳴った気がする現象(幻想振動症候群)と愛着障害・依存症の関係

実際には着信がないのに「スマホが鳴った気がする」という体験は珍しいことではありません。 彼氏からのラインや電話を待っているとき、SNSからの通知などを期待しているときほど感じやすいものです。しかしその頻度が高過ぎると問題かもしれません。 これらの現象は幻想振動症候群と呼ばれ、愛着障害や依存との相関が […]

不安型愛着障害とは

自分に自信が持てず拒絶されることに怯えているのが不安型愛着障害です。 恋愛中も常に「見捨てられるのでは」という不安がつきまといます。一人でいることが苦手で生きていけないような恐怖に襲われることもあります。 原因として虐待や離別、一貫性のない親の態度などが挙げられます。 嫌われるのが怖いので人の顔色ば […]

回避型愛着障害とは

回避型愛着障害とは人と親密になることを恐れ自分の心を開示しない状態のことです。 これらの特徴は恋愛や仕事の場面でも現れ何年も一緒にいるのに全く心の距離が縮まらないということもあります。 原因は親のネグレクトや価値観の押し付け、過保護などにあることが多いです。 回避型愛着障害の性格と特徴 回避型愛着障 […]