回避依存症

回避依存症

回避依存症の試し行為の内容、勘違いされていること

回避依存症の試し行為を、不安型の愛着を抱えた人の試し行動と勘違いしている人が多いので説明しておきます。 この二つは違うものですし、混同してしまうと大変なことになります。 具体例についても説明しますのできちんと理解しておいてください。 不安型の愛着を抱えた人の試し行動 子供は親や先生の愛情を確認するためにわざとイタズラをすることがあります。 悪いことをしても愛してくれ...
回避依存症

コミットメント恐怖症とは?人と深く付き合うことを恐れる人々

コミットメント恐怖症とは他人との深い関係を恐れる特性のことです。コミットメントフォビアと呼ばれることもあります。 恋人に対してだけではなく、同性の友人に対しても同様の反応を示します。 回避依存症の逃走型に近い特徴を持っています。 精神医学上の診断マニュアルに定義されているものではありませんが、海外の論文などではときどき出てくる言葉です。 男女ともに見られる傾向ですが、男性...
回避依存症

回避依存症の彼氏に追わせるためにやってはいけないこと

付き合った当初は彼氏が一生懸命に追いかけてきたのにやがて情熱が薄れてきてしまうこともあるでしょう。そんなときにちょっとした駆け引きをすることもあります。 しかし相手が回避依存症の場合はそういった行動は控えましょう。細いつながりさえも失うことになりかねません。 回避依存症の彼氏を再び追わせる方法があるとしたらそれは何もしないことです。可能性を高めることよりも下げないようにすることが大切...
回避依存症

回避依存症のモラハラ行為なら許せる気がする女性

回避依存症の人が恋人にモラハラをすることは多いです。 具体例として暴力、精神的DV、経済的搾取などがあります。 そのため彼氏にモラハラ行為をされたときに回避依存症では?と思う人もいます。しかし違うことが多いです。 回避依存症のモラハラ 回避依存症の特徴として突然いなくなったり全く連絡が取れなくなったりという消極的な行動が挙げられることが多いです。 しかし以下のような...
回避依存症

回避依存症が心を開く方法はないのに皆が勘違いしている

回避依存症の心を開く方法がネットに書かれていることがあります。 それが本当にに効果があるのなら当カウンセリングルームに恋愛依存症の人は相談に来ないでしょう。 そのような記事は専門家ではない自称ライターが書いていることが多いです。普段は「都内の美味しいラーメン屋10選」のような記事を書いている人たちです。それさえも本人は食べたことがなかったりするのですが…。 カウンセリングをして...
回避依存症

回避依存症の本命になりたければ安全基地になるだけではダメ

ネットなどで「回避依存症の本命にるには安心させてあげること」などとアドバイスされることがありますが誤りです。この点について多くの人が勘違いしている事を説明します。 本気で好きになることはあるのか? 回避依存症だからといって人を本気で好きにならないわけではありません。安心して好きになれないだけです。 自分の中で誰が本命なのかきちんと認識していることもあるのです。 今あなたの...
回避依存症

回避依存症の彼氏の別れた後の心理とは

回避依存症の彼氏との別れは突然やってくることが多いです。 このときあなたは疑問や不安、悲しみといった感情に支配されるかもしれません。 しかし回避依存症の彼氏の心理はだいぶ異なります。 別れた直後はどう思っているか? 別れた直後の回避依存症者にとって最も重要なことは自分の気持ちを落ち着かせることです。 なぜ逃げるのかと言うと息苦しくなったり気持ちがワーっとなったからで...
回避依存症

回避依存症の男性心理について

回避依存症の男性心理について説明します。 多くの人に共通するものとしては自分の心をさらけ出すことを恐れ壁を作っていること、主導権を握られないように警戒していることなどが挙げられます。 つまり対等な関係で親密になることを避けているということですがそれだけでは説明しきれないこともあります。 ⇒回避依存症とは 自由を求め束縛を嫌う 回避依存症の男性は束縛されると息苦しさを...
回避依存症

回避依存症の彼氏を安心させる方法

回避依存症の彼氏を安心させるためには束縛や支配、要求、詮索などをしないことを信じてもらわなければなりません。またこれらと対極にある「見捨てない」ということもです。 しかしそれを言葉で伝えたとしても信じてはもらえないものです。なぜなら彼らはちょっとした言動からでも「追いつめようとしているのではないか?」と捉える傾向があるからです。 もっと根本的な部分から克服しなければならないのです。そ...
回避依存症

回避依存症の女性に美人が多いと言われる理由

「回避依存症の女性は美人が多いのですか?」と聞かれることがあります。 私のところに相談にくる回避依存症の女性の外見的魅力は世間一般の分布とほぼ一緒です。つまり美人が多いとは限らないということです。 しかしこのような勘違いをしてしまう理由は分かります。 ⇒回避依存症とは 顔の魅力が本人と周囲の行動に影響を与えることはあるけれど… 進化心理学や行動経済学の論文を探すと美...
回避依存症

なぜ回避依存症の嘘つきな性格は変わらないのか?

回避依存症の中には高い頻度で嘘をつく人がいます。 仮にあなたの彼氏がこのタイプだった場合に誠実な人間へと変えることは非常に難しいといえます。 実は回避依存症は嘘つきになりやすい特徴を持っているのです。 回避依存症はどんな嘘をつくのか? 回避依存症のつく嘘は以下のようなタイプがあります。 搾取するための嘘お金に困っている身内が病気になった既婚者なのに独身と偽る逃げるた...
回避依存症

自信と復讐のために浮気をする回避依存症

回避依存症の男性が浮気をするときは自信を得たいとか復讐したいという心理を持っていることがあります。 自己肯定感の低い男性は何らかのきっかけで浮気を覚えるとその小さな成功がより大きな自信を求めるきっかけとなるのです。 また身近な女性に虐げられた体験が女性全体への恨みとなっている男性は復讐のために女性を雑に扱い征服欲を満たそうとします。 自信を得るために浮気をする 恋愛依存症...
回避依存症

回避依存症者が音信不通にする理由と心理

回避依存症者の恋愛および友人関係の特徴の一つに急に音信不通になるということがあります。 なぜ音信不通にするのか?そしてそのときにどんなことを考えているのか?ということは回避依存症者のタイプによって異なります。 不安や息苦しさを感じていることもあれば、恋人を利用するためにあえてそのような行動を取っている場合もあります。 ⇒回避依存症の恋愛における特徴 束縛による息苦しさ ...
回避依存症

回避依存症の恋愛における特徴

一口に回避依存症といっても人によって恋愛のやり方は異なります。 最もよく知られている特徴としては連絡を取らなかったり自分を見せないことで徹底的に距離を置くというものです。 しかし他にも暴力を振るったり金品を搾取するタイプも存在します。 代表的なタイプについて説明しますがここで挙げるのは一例に過ぎません。 他人と親密になることを恐れる原因が家庭環境やトラウマ等にある場合はこ...
回避依存症

仕事や趣味に熱中する回避依存症者

回避依存症者は仕事や趣味に熱中して恋人を放っておくことがあります。 彼らが何かに熱中する理由は「力を求めるため」「自分の問題と向き合わないため」といくつか考えられます。 中でも多いのは恋人よりも優先すべきものがあるというアピールをして支配するためというものです。 「仕事よりも君の方が下の立場だよ」ということで主導権を握るのです。 他に熱中することで恋人を支配する 回...
回避依存症

回避依存症者のナルシストタイプの特徴

回避依存症者の中には根拠のない自信を持つタイプが存在します。ナルシスト型と言われることもあります。 このナルシスト型の中でここ数年よくある一例が「将来ビッグになってやる」と口だけ立派な男性です。 彼らは「今の自分は仮の姿であり何年か後には成功している」ということ主張します。(何で成功しているというかは人によって異なりますが起業家やアーティストになるというタイプが多いです) そし...
回避依存症

回避依存症の脱走者と好き避けの違い

回避依存症の中にはパートナー(もしくは恋愛関係に発展しそうな異性)と距離を置くという特徴を持つ人もいます。 このようなタイプをカウンセリングの世界では「脱走者」と呼ぶことがあります。 「好き避けと同じようなものでしょ?」と考えている人もいます。 しかし回避依存症者の「脱走」と世間一般でいう「好き避け」は分けて考えたほうが良いでしょう。それぞれ行動の根底にある心理が異なります。 ...
回避依存症

罪悪感を抱かせるのが上手い回避依存症者

回避依存症者の中には恋人に罪悪感を抱かせることで支配しようとするタイプがいます。 たとえ自分が悪かったとしてもほんの少しの欠点を突くことで自分の立場を上にしようとするのです。 自己肯定感の低いタイプの人はたとえ自分が悪くなかったとしても罪悪感を抱かされることになるのです。 悪いのはいつもお前 同棲中の恋人が鍵を忘れて出掛けた後にあなたがそれに気づかずに鍵を閉めて外出したと...
回避依存症

回避依存症の愛情表現

回避依存症の中には暴力や搾取など何らかの危害を加える男性もいますが親密なることが怖いだけという男性もいます。(脱走型・逃走型) 距離が近づくことで感情が乱されたり束縛されたり親密になった後に捨てられることを恐れているタイプです。 親密になることが怖いだけの回避依存症の愛情表現は人によって異なります。また同じ人でもその心理状態によって変わることがあります。 親密になれたと思っても...
回避依存症

「ありがとう」と「ごめんなさい」が言えないのは恥の処理能力が未発達だから

回避依存症の人の中には「ありがとう」と「ごめんなさい」が言えない人が多いです。 これは子供時代に恥を処理する能力を身につけないまま大人になってしまったことが原因かもしれません。 普通の人とは恥の感覚が異なる 自分が明らかに間違ったことをして誰かに指摘されたときに素直に謝るのと逆上するのではどちらが恥ずかしい行為でしょうか? 一般的な感覚では逆上するほうが恥ずかしいでしょう...
回避依存症

回避性パーソナリティ障害と回避依存症の違いと恋愛における特徴

回避性パーソナリティ障害と回避依存症は似たような名前ですが異なるものです。 回避性パーソナリティ障害は精神疾患ですが回避依存症は違います。 恋愛の場面で似たような特徴を見せることもありますが対処の仕方は異なりますので注意が必要です。 回避性パーソナリティ障害とは 回避性パーソナリティ障害とはICD10(疾病及び関連保健問題の国際統計分類)やDSM5(精神疾患の分類...
回避依存症

回避依存症と恋愛依存症の違い

回避依存症と恋愛依存症の違いを明確にすることは難しいです。 双方に共通する部分も多く1人の人間に両方の特徴が表れることも珍しくありません。 「回避依存症は恋愛依存症の一種」という人もいるくらいです。(私がカウンセリングをしている感覚としては別物だと思いますが) またネットや通俗本に記載された内容は誤りや偏りが多いため余計に混乱してしまいます。 私のカウンセリング経験から1...
回避依存症

回避依存症の原因

回避依存症になる原因として多いのは親の過剰な干渉もしくは放置や虐待による愛情不足です。 これは一見すると相反するような内容ですが「人と親密になると後で悪いことが起こる・本当の自分は愛されない」という認識を持ってしまうという点で共通しています。 回避依存症になってしまうほかの原因としては幼少期から思春期にかけてのイジメ体験やそれ以降の恋愛によるトラウマが考えられます。回避依存症の原因の...
回避依存症

回避依存症とは

回避依存症とは他人と親密になることから逃げるため壁を作る気質のことです。 心理的に深く関わることで激しい感情が芽生えることを恐れているのです。 なぜならそれによって自分を喪失してしまうような感覚を持っているからです。 回避依存症は恋愛においては男性に多く見られます。 回避依存症の距離の取り方 回避依存症の人間関係は徹底的に距離を置くということですがこれにはいくつかの...
タイトルとURLをコピーしました