カウンセリング予約受付中(東京都内)

恋愛依存症

1/3ページ

見捨てられ不安の原因と克服方法

恋人から見捨てられるのは誰でも不安なものです。その不安が大きすぎて常軌を逸している状態を「見捨てられ不安」と言います。 恋愛における見捨てられ不安はいくつかの行動パターンを生み出します。 「見捨てられる苦しさを味わうくらいなら最初から親密にならないでおこう」と考えると回避依存の傾向を示します。 「ダ […]

潜在意識を書き換えて自己肯定感を高める方法

悲観的にならないように考えようと頭では分かっているのに不安な感情がいつも邪魔をするという人は潜在意識に働きかける習慣を身につけると良いかもしれません。 ネガティブな人の潜在意識の中には親や恋人から植え付けられた負の遺産が保存されています。それが前向きになろうとする思考を邪魔するのです。 不安ばかりの […]

性行為をしないこと(判断力の低下と報酬回路の活性化)|恋愛依存症の克服

不健全な関係の彼氏と別れるためにはまず性行為をやめることです。冷静な判断力を失いそこから抜け出せなくなります。 また性行為そのものに強い快感を覚えている場合、暴力や罵倒によっても快感を得るようになってしまうことがあるのです。 性行為によって判断力が低下する どんなにケンカをして「もう別れよう」と思っ […]

恋愛を始めることが怖い|恋愛依存症の特徴

機能不全の家庭に育ったことによって恋愛をすること自体に怖さを持ってしまう人もいます。 ――どうせ相手は私のことなど好きになってはくれない ――付き合えたとしても本当の自分を知られるのが怖い ――私は恋愛をしてはいけないのだ などと考えているのです。言葉にすることが出来なくても恋愛をしようとすると言い […]

彼氏をいじめたいという感情が抑えられない|恋愛依存症の特徴

心を病んでいる女性は攻撃される側になってしまうケースが多いですがする側に回ることもあります。 親密な関係の彼氏ほどいじめたくなる感情を抑えきれないという女性もいるのです。 こういった話題を出すとサディズムやマゾヒズムといた性的嗜好と結び付けたがる人もいますが違います。 性的嗜好によるものであればいじ […]

刺激的な恋愛ばかり求める脳の回路|恋愛依存症の特徴

刺激的な恋愛ばかり求めてしまう女性がいます。 なぜこのようなことが起こるかというと刺激的な恋愛によって脳内の報酬系の回路が活性化しドーパミンが放出され快感を得ることが出来るからです。 相手の属性・恋愛行動に快感を覚える どのような刺激によって快感を覚えるかは人によって異なります。 例えば既婚者や友人 […]

恋愛依存症のまま結婚するとどうなるか?

恋人と会えない時に不安を感じている恋愛依存症者は結婚して一緒に暮らすようになればこの不安が解消すると思うかもしれません。 確かに最初はそういうこともあります。 しかしすぐにまた同じ不安がやってくることが多いです。 今までは1日会えないと不安だったのが結婚後は数時間会えないだけで不安になります。 相手 […]

DV男を好きになってしまう|恋愛依存症の特徴

男性からDVを受けている女性は決して少なくはありません。毎回好きになる相手がDV男だったり、そういう男性でも別れることが出来ない女性もいます。 暴力を振るった後に急に優しくされたりするとその落差により余計に魅力的に見えてしまうことがあります。問題児がたまに良いことをすると目立つのと同じです。 感覚が […]

自分を大切にできないならせめてフリだけでもする|恋愛依存症の克服

自分の価値を低く見積もると相手からも軽く扱われます。 そうならないように「自分を大切にしましょう」と言われてもできません。自分を大切にするというのは抽象的ですしそもそもそれができれば心の問題で悩むことはありません。 なのでまずはフリでも良いので行動を変えてみましょう。 自分の価値を高く見せる態度を取 […]

コネクションがあればアディクションは要らない

同じような環境に育ち同じような体験をしても孤独感を覚える人と覚えない人がいます。 その違いのひとつに繋がり(コネクション)があります。社会や友人・家族との繋がりを持っている人はなりにくいのです。なったとしても回復しやすいです。 これは私のカウンセリングの中でも強く感じることです。「回復できる気が全く […]

1 3