恋愛依存症

2/5ページ

彼氏と別れたくないのは「強度バイアス」がかかっているから

「一緒にいるのも辛いけど、別れるのも辛い」とうのは恋愛依存症の女性がよくいうセリフです。 彼氏の暴力、二股、借金など許せないことがあり別れるべきと頭で分かっていても行動に移すことはできません。 好きな気持ちがあるからと思っているのかもしれません。確かにそういう可能性もあるでしょう。 しかし恋愛依存症 […]

ボディーガード仮説:なぜ強くて支配的な男性を好きになるのか?

いつも同じようなタイプを好きになるというのは恋愛依存症の女性によくある特徴です。 肉体的に強い男性が好きという人もいます。 それだけなら問題ありませんがそこに攻撃性な支配的な性格が加わることもあります。それが時にDV(家庭内暴力)につながることもあります。 進化心理学の視点で見れば守ってくれる強い男 […]

ストックホルム症候群とは?人質が犯人に肯定的な感情を抱くことで恋愛につながることもある

ストックホルム症候群とは誘拐や監禁の人質が犯人に対して特別な感情を抱くことをいいます。 犯人を守るために戦う素振りを見せた人質もいます。時には恋愛感情を抱いた例もあります。 開放されて日常生活に戻った後にこれらの心理現象が生じることもあります。 ストックホルム症候群は恋愛でのモラハラや虐待、職場での […]

マッチポンプをしてくる彼氏に火をつけられても忘れてしまう

彼氏に殴られた後に優しくされると「本当はいい人なの」と思ってしまう女性がいます。慰めが必要な状況を作ったのは誰なのかということを忘れてしまうのです。もしくは見ないようにしているのです。 マッチポンプとは マッチポンプという言葉があります。 マッチで火をつけておきながら自分でポンプを使って水をかけて消 […]

あなたの彼氏は思っている以上に頭が悪いです

「頭の良い彼氏の言っていることはいつも正しいはずだから間違っているのは自分」と思っているなら勘違いの可能性が高いです。 恋愛中はパートナーの知性を誤って判断しがちなのです。 頭の悪い彼氏でも賢く見えてしまうということが実験でも示されています。 「彼は凄く頭が良い人なんです」と言うけれど… 付き合って […]

回避型の愛着スタイルを持つ彼氏が避妊してくれるのは愛しているからとは限らない

大人になってからの対人関係には子供時代につくった愛着(アタッチメント)の型が影響を及ぼすことがあります。愛着とは特定の相手(母親であることが多い)との間に形成された強い絆のことです。 これがしっかりと形成された人は安定型の愛着スタイルを持ちますから他者と健全な人間関係を持つことが出来ると言われていま […]

怖い夢を見るのは現実問題へのシミュレーションのため?

悪夢で目覚めるのは気分の良いものではありません。起きたあともその恐怖が残っていることがあります。 しかしそのおかげで現実に恐ろしいことが起こったときに脳が対処してくれるかもしれません。 悪夢によるシミュレーション なぜ夢を見るのかということについては科学的にはっきりとした理由は特定されていません。 […]

嘘つきの彼氏は脳が適応しているので変われない

恋愛依存症の女性は嘘つきの彼氏にハマってしまうことが多いです。 不健全な関係の中で多い嘘は女性関係のことやお金のことです。「もう浮気はしない」「必ず借金は返す」と言ってもなぜか繰り返すのです。 そして恋愛依存症の女性は「今度こそ彼は変わってくれるはず」と何度も信じてしまいます。 残念ながら嘘つきな彼 […]

ダメと分かっていても遊び人の男を好きになってしまう理由

恋愛依存症の人が遊び人タイプの男性を好きになってしまう理由はいくつか考えられます。 大切にしてくれない相手と一緒にいることで別れたときのショックを和らげたいとか、自分は誰かの本命になれるような価値のある女性ではないという思い込みなどがあります。浮気っぽい男性を自分の親と重ね合わせ、その愛情を自分だけ […]

見捨てられ不安の原因と克服方法

恋人から見捨てられるのは誰でも不安なものです。その不安が大きすぎて常軌を逸している状態を「見捨てられ不安」と言います。 恋愛における見捨てられ不安はいくつかの行動パターンを生み出します。 「見捨てられる苦しさを味わうくらいなら最初から親密にならないでおこう」と考えると回避依存の傾向を示します。 「ダ […]

1 2 5