ピエロ・クラウン(道化役)|ACの種類

ピエロ・クラウン(道化役)|ACの種類

家庭内の雰囲気が悪くなった時におかしなことを言って空気を良くしようとするのがピエロです。クラウンと呼ばれることもあります。

マスコットのように可愛く振舞ったりわざと馬鹿なふりをしたりもします。

【ピエロとクラウンの違い】
道化役のことをクラウン(Clown)と言います。その中でも涙を流しているのがピエロです。アダルトチルドレンについて書かれた英語の本でもclownが使われることが多いですがここではピエロを使います。

アダルトチルドレン(AC)のタイプと役割の一覧

笑いながら空気を読む

両親がケンカを始めると「何か面白いことでも言ってあげなければ」という脅迫観念を持っていたという人もいます。

それが幼い子供なりに考えたバランスの取り方なのです。

ピエロはいつもヘラヘラして何も考えていないように見せていますが父や母の様子を常に伺っています。

悲惨な状況で育った彼らは空気を読む能力に長けています。

自分まで誤魔化す

ピエロタイプのアダルトチルドレンは大人になった時に必要以上に笑いを取ろうとすることがあります。

そのため面白い人と認識されることもありますが親密になると相手から不自然に見られてしまいがちです。

親にはちょうど良くても健全な人には過剰に映るからです。ピエロは相手が無表情だと怒っているのかと不安になります。

険悪な雰囲気や気まずい空気は自らを貶めてでも何とかしようとするのです。

それがやがて自分自身をも誤魔化す手段となってしまいます。

涙の理由

サーカスのピエロが涙のメイクをしている理由は諸説ありますがよく言われるのは皆に笑われて本当は傷ついているからというものです。

アダルトチルドレンのピエロもこれと同じです。

悲しい素振りを見せずにおどけて見せたりニコニコしていてもそれは偽りの姿なのです。

カウンセリングに来るアダルトチルドレンの人の中にはいつも明るい表情の人がいますがふとした瞬間にとても悲しそうな表情を覗かせます。

笑顔との対比が悲しさをより際立たせます。

自分の感情に嘘をつき続けるとやがて心そのものを失ってしまうこともあります。

子供時代に抑え続けてきた怒りや悲しみを解放してあげる必要があるのです。

<ACのタイプ一覧>
・スケープゴート(生け贄)
・プラケーター(慰め役)
・ロストワン(失われた子供)
・ヒーロー(英雄)
・イネイブラー(世話役)

アダルトチルドレンカテゴリの最新記事