人の性格は変わらないというのは「歴史の終わり幻想」という錯覚に過ぎない

人の性格は変わらないというのは「歴史の終わり幻想」という錯覚に過ぎない

人の性格は変わらないという人がいます。

もしかしたらあなたもそう信じているかもしれません。

そんな人達に聞きたいのですが10年前の自分と今の自分は全く同じ性格と価値観を持っていますか?

そんなことはないはずです。変わっているのです。

異性の好み、付き合う友達、好きな芸能人、趣味、仕事に対する向き合い方、家族感などなど。

これらの変化は性格や価値観が変わったから起こっているのです。

大好きだったはずのパートナーと別れたいとか離婚したいと思っているのも相手以上に自分が変わったからなのかもしれません。

この変化を若い頃に特有のものに過ぎないと思いますか?

だとしたらあなたは既に錯覚に陥っています。

人間には過去に起きた変化を認識することはできてもそれが未来にも起こる可能性までは認識できないという性質があるのです。

10年前の自分のことなら容易に思い出せます。

しかし未来の自分を想像するのは難しいことです。

すると私たちは未来は変わらないと思ってしまいます。

これを「歴史の終わり幻想」と言います。

私たちが自分自身に対して持っている錯覚のひとつです。

「歴史の終わり幻想」を証明する実験

世界的な講演会である「TED」でも話された有名な実験を紹介しましょう。

ハーバード大学の心理学者であるダニエル・ギルバートらの研究グループは18歳から68歳までの19,000人を超える人の性格、価値観、選好を測定しました。

そしてそれが「過去10年間でどれだけ変化したか?」「これからの10年間でどれだけ変化すると思うか?」という質問をしました。

その結果、多くの人が過去に大きく変わったと答えましたが将来についてはあまり変わらないだろうと答えました。

これは年齢に関係なく若年層も高齢層も同様の結果でした。

すべての年齢の人が自分の性格が将来どのくらい変化するかを過小評価しているのです。

30歳のAさんと40歳のBさん

これは非常に面白い現象です。

例えば30歳のAさんは20歳からの10年で性格や価値観が大きく変わったと答え、これから先40歳になるまでの10年間ではあまり変わらないだろうと答えたのです。

しかし40歳のBさんは30歳からの10年で大きく変わったと答えているのです。

これはAさんとBさんの個人的な特性に起因するものではなく他の人達にも当てはまることです。

人は何歳になっても今の性格が最終形態だと思っているのです。

5つの性格特性の変化

性格と一口に言ってもそれを構成する要素は無数にあります。

いったい何が変化するの?と疑問に思うかもしれません。

心理学の世界でよく利用される性格テストにビッグファイブ(5因子)と呼ばれるものがあります。
具体的には外向性、神経症的傾向、開放性、協調性、誠実性の5つの特性のことです。

これらの特性が変わるのか?ということを調査したものがあります。

「アメリカにおける中年期研究(MIDUS)」という大規模な調査の中で自身の性格の変化について評価してもらっています。

そこでもやはり前記の実験と同じ結果が出ていました。

他にも複数の大学や研究機関が性格や価値観の変化について調べていますが概ね同じような結果となっています。

なぜ性格は変わらないと思うのか?

私たちが自分の性格が変わらないと錯覚する理由はいくつか挙げられます。

今の自分が未成熟だとは考えない

人間というのは未完成な状態でも自分は完成していると勘違いします。変化は終えたと思っているのです。
「本当のあなたはいつのあなたですか?」と質問されたらほとんどの人が「今の自分です」と答えるでしょう。
私たちは常に自分の歴史の終わりに立っていますからここが最終地点と思いがちです。
今の自分が未成熟だとは考えもしませんから残りの人生はこのままの性格でいくだろうと錯覚するのです。

出来事を過少評価する

性格を形成するものには遺伝子、育ち、交友関係、トラウマなどがあります。
環境の影響というのは大きなものです。どんな人と付き合いどんな生活をするかは性格の変化に関わります。
しかし私たちはそれらの出来事を過少評価します。
毎日の小さな積み重ねの偉大な効果に気づきにくいのです。
つまり自分の微小な変化にも気づかないということです。

本質的には変化を好まない

私たちは本質的に安全性と安定性を求めています。
そのため変化するという考えに抵抗感を持ちます。
自分のことが嫌いな人でも無意識下では現状でいたいという欲求を持っていることがあります。
この欲求が自分は変わらないという錯覚につながります。

今のあなたは進化の途中に過ぎない

変わろうとしなくても人の性格は変わるということを理解してもらえたでしょうか?

何歳になっても人は変われるのです。

放っておいても変わるのですから意識的に変えようとすればもっと早く変われます。

今の自分が嫌いな人や不安を抱えている人も自分の歴史の途中に立っているに過ぎません。

まだ進化の途中なのです。そしてこの進化は一生続きます。

人の性格はディズニーランドと同じです。永遠に完成しないのです。

アトラクションを追加していったらもっと楽しく生きていけるのです。

心理学カテゴリの最新記事