女性のセックス経験人数に父親の態度が与える影響

女性のセックス経験人数に父親の態度が与える影響

恋愛依存症の女性の中にはセックスの経験人数が100人を超えているという人もいます。

一人の男性にひたすら依存する人もいればこのように複数の男性と関係を持つ人もいるのです。

経験人数が3ケタを超える彼女たちが特別に性欲が強いというわけでもありません。

それよりも寂しさを埋めたいとか自分の価値を低く見積もっているなどの原因が多いです。

姉と妹で過去1年の経験人数が違う理由

経験人数の多い女性が相談に来るとよく生まれつきの行動習慣だと思うといったことを言います。

つまりセックスの経験が多いのは元々の遺伝によるものということです。
母親も性的にだらしなかったという人もいます。

しかし恋愛依存症という状態の女性に限ってはどちらかといえば環境による影響の方が大きいと個人的には思っています。

そしてそれを裏付ける調査をペンシルバニア州立大学が行っています。

この調査では4歳以上離れた姉妹でなおかつ妹が14歳になる前に父親が離婚や別居でいなくなったペアを被験者として募集しました。

姉のほうが父親と暮らした期間が長い状態の姉妹ということです。
ここに何らかの有意差が出ればそれは遺伝の影響ではなく育てられ方の影響と考えることができます。

まず姉妹は父親について温かい人だったか、酷い人だったか、自殺未遂や薬物乱用はあったかなどについて評価を行いました。

そして男性に対するパートナーとしての期待と親としての期待についても評価しました。
それから過去1年間のセックスの経験人数についても回答しています。

その結果、問題のある父親に育てられた姉のほうは経験人数が多く、男性への期待も低いことが分かりました。
(男性が自分を大切にしてくれることへの期待の低さはワンナイトラブや短期のセフレ関係につながりやすいとも言われています)

妹については父親の態度との関連はありませんでした。

母親についての評価も行いましたがそちらは経験人数と男性への期待に姉妹ともに関連がありませんでした。

インプリンティング(刷り込み)

セックスに対する態度と男性への期待は環境によるものだということが理解いただけたでしょうか?

このタイプの恋愛依存症の人は父親から大切にされなかったことによって愛情不足を感じているのです。
それにより一時的にでも愛情を感じることのできる手段としてセックスを選んでいるのです。

自分の価値を低く見積もっているため簡単に体を許してしまうともいえます。
そして大切に扱われなかったとしてもそれを当然のこととして受け入れるのです。

また男性に期待しないのはダメな父親を見ていたせいでそこが基準になってしまっているからです。
女性が始めて出会う異性は父親ですから自然なことです。
ダメな相手ならそれが普通と考え、普通の相手ならとても良く見えてしまうのです。

経験人数が多い恋愛依存症者はインプリンティング(刷り込み)によって後天的に身についた感覚を生まれつきのものと勘違いしています。

生まれつきそういう性格だから治らないと諦める必要はありません。

参考文献:DelPriore D J, et al. (2019). The effects of fathers on daughters’expectations for men.

恋愛依存症カテゴリの最新記事