「1分間だけ時間をください」という詐欺師には1秒も与えてはいけない

「1分間だけ時間をください」という詐欺師には1秒も与えてはいけない

繁華街を歩いているとキャッチセールスをしている人間から「1分間だけ時間をください」と言われることがあります。

この言葉には彼ら(彼女ら)がなぜこのような詐欺まがいの行為をしてしまうのかが如実に表れています。
「1分間だけ」と言ってしまう人は自分の人生を大切に思っていないから人を騙して生計を立てるようなポジションに身を落とすのです。

相手にメリットを与えていないのに「1分間だけ」などと発言をする人間には1秒も与えてはいけません。
命を渡しているのと同じことだからです。

1日は何秒か知っていますか?

1日が24時間だということを知っている人はたくさんいます。
しかし1,440分で86,400秒ということを知っている人は少ないです。

1日は86,400秒しかなくこうしている間も減っているのです。
これは時間ではありません。人生であり命です。

人は生まれた時から死に向かいはじめます。

明日のこの時間には今より86,400秒分の命が減っているのです。
そもそも明日がくる保証など誰にもありません。

悲壮感を煽るつもりはありません。
それぐらい今を大切に生きなければならないということを伝えたいだけです。

「時は金なり」という言葉の違和感

「職業に貴賎なし」と言います。
その通りだと思います。

しかしお金をもらう行動がすべて仕事ではありません。
詐欺は仕事ではないのです。ただの犯罪です。

価値のないものを売りつけようとているのに「1分間だけ」などと言う人は命に対する尊敬がないのです。
このような犯罪者に時間を費やすことを人生の無駄遣いと言います。

自分に自信のある人は詐欺師のお世辞に不快感を覚えます。
犯罪者のニヤついた戯言を聞くと本能がイライラするようになっているのです。

しかし不安を抱えている人は高揚感を覚えてしまいます。
1分だけでなく1時間でも2時間でも命を差し出すのです。

自分の人生の価値を低く見積もっているともいえます。
そしてお金を奪われるのです。
それでも自分が騙されたということに気がつかない人もいます。

私は「時は金なり」という言葉に強い違和感を抱いています
お金は増やせても時間は増やせないのですから同じ価値のはずありません。

人生の無駄遣いをしてはいけません。

アダルトチルドレンカテゴリの最新記事