カウンセリング予約受付中(東京都内)

幸せが怖いと感じる理由

幸せが怖いと感じる理由

幸せになるのが怖いという感覚を持つ人がいます。

誠実で優しい相手と一緒にいることで不安になることもあれば普段は愛してくれない相手が気まぐれに優しくしてくれたときに居心地の悪さを感じることもあります。

幸せに不安や恐怖を感じてしまう人は親の言動や学校でのイジメなどが原因で心に傷が残ったままである可能性があります。それによって不幸な状態が当たり前になってしまっているのです。

自分は幸せになってはいけない人間という自己肯定感の低さや幸せなことの後には恐ろしいことが待っているという誤った条件付けがされているのです。罪悪感を感じている場合もあります。

幸せが怖い人は不幸が標準になっている

幸せになるのが怖いという人は子供の頃から身近な人間関係において不幸であったケースが多いです。

親から大切にされているという感覚を持てていなかったり虐待された過去があったりします。子供の頃から不幸な状態、愛情をもらえない状態が標準になっているのです。

人間は環境に適応することができますので心がその状態に慣れてしまっているのです。このような心の状態で誰かから愛されたり大切にされると違和感を覚えます。

愛されない状態が標準の人にとっては愛される状態は特殊なことなのです。幸せに慣れていないために「何か間違っているのではないか?」という感覚が常につきまとうことになります。

親の言動による洗脳

親から頻繁に「あなたはダメな子」「碌(ろく)な大人にならない」などと言われ続けると自己肯定感の低い人間になります。

なぜ親がこのようなことを子供に言うかというと自分が不幸なので子供も不幸になるのが当然という間違った認識や子供を通して自分の人生をリベンジしようとしたけれどそれが上手くいかなかった反動による八つ当たりなど色々な原因があります。

理由は何であれ子供の自己肯定感を下げるような言葉を無自覚に浴びせ続ける親というのは一定数存在しますので自分の親がそのタイプである可能性は低くありません。

子供は親の言うことを疑いませんので言われた言葉はそのまま心に深く刻み込まれます。大人になっても心のどこかに「私は何をやってもダメなんだ。勉強も仕事も趣味も……そして恋愛も……」という意識は残ることになります。

そして恋人と幸せな関係を築いたときに心の中で葛藤が生じます。「私は不幸な恋愛しかできないはず…でも今は幸せな恋愛をしている…何か変だ…」と。

このような葛藤が生じたときには心に深く刻まれた信念が勝ってしまうことがあります。つまり「私は恋愛で幸せになれない人間なのだから今の幸せな状態は間違っている」という結論になってしまうのです。

親のいないところで幸せになる罪悪感

親からは愛されなかったとしても祖父母や他の親戚、近所の人からは愛されていたという人もいます。

親からの愛情を得られなかった子供の場合はそのような人達と触れ合っているときが唯一心が休まる楽しいときだったかもしれません。

機能不全の家庭で育ったとしてもこのような安らげる場所を持っていたり愛してくれる人の存在が近くにあれば健全な自己肯定感を育むことは可能です。

しかし他の人から愛情を受けることで罪悪感を感じることもあります。

例えば親戚や友達のお母さんから優しくされて嬉しそうな顔をしているときにふと自分の親の顔を見たら怖い顔で睨まれたという経験。又は近所の祭りや学校のイベントではしゃいでいたら家に帰ってから怒られたという経験。

このような経験をすると親と離れたところで嬉しそうにしてはいけないのだという感情が芽生えてきます。そして嬉しいことや幸せなことの後には恐ろしいことがやってくるという認識になります。

さらに拗れて親のいないところで幸せになることに罪悪感を感じるようになってしまうのです。

モテることでイジメられた子供時代

幸せが怖いと思ってしまう原因は家庭環境以外にもあります。

例えばクラスで人気のある子が自分のことを好きになってくれたことが原因で同性からイジメられたという経験を持つ人がいます。イジメとまでいかなくとも嫌味を言われたことがある人もいます。

これらをただの嫉妬として流すのは子供には難しいことです。重く受け止めてしまうでしょう。

そして「愛情を受けると後でイジメに遭う」という思考回路が出来てしまうのです。すると異性から好かれるのは悪いことなのだという認識を持ってしまうことがあります。

その認識が大人になった後も残り続けるので好きな人から愛されているときでも「そのうち悪いことが起こるのではないか」という不安が出てくるのです。

(子供時代に恋愛が原因でイジメられた人の中には恋愛感情そのものに蓋をしてしまうことで大人になった後も人を好きになる感覚がイマイチ分からないという人もいます。)

幸せを怖いと感じる人の多くに共通することは「幸せな体験」と「嫌な体験」が強く結びついているため現状に対して誤った認識をしてしまうということです。

アダルトチルドレン・共依存のカウンセリング

カウンセリングをご希望の方は予約システムよりお願いいたします。 それぞれに合わせたカウンセリング行っております。 東京都千代田区内、新御茶ノ水、淡路町より徒歩すぐです。

恋愛依存症カテゴリの最新記事