ダメと分かっていても遊び人の男を好きになってしまう理由

ダメと分かっていても遊び人の男を好きになってしまう理由

恋愛依存症の人が遊び人タイプの男性を好きになってしまう理由はいくつか考えられます。

大切にしてくれない相手と一緒にいることで別れたときのショックを和らげたいとか、自分は誰かの本命になれるような価値のある女性ではないという思い込みなどがあります。
浮気っぽい男性を自分の親と重ね合わせ、その愛情を自分だけに向けることによって子供時代のリベンジをしようと無意識に思っていることもあります。
穢れた自分を罰するために複数と関係を持とうとすることもあります。

これらは全て子供時代の誤った刷り込みや、そこからくる自己肯定感の低さなどが原因となっています。

しかしこれらの要因を細かく説明してもしっくり来ない人もいます。
その場合は恋愛依存症と関係ないところに原因があるのです。

遊び人を好きになってしまうというのは一部の女性にとっては特別なことではないのです。

複数の男性と関係を持ちたがる女性が少ないのはなぜか?

複数の異性と関係を持ちたいと考える男性は多いですが、そう考える女性は少ないです。
これは妊娠と出産にかかる手間の問題が関係しています。

男性の場合は性交して相手が妊娠すれば後は何もしなくても自分の子孫を残すことが出来ます。
同時に複数の女性に自分の子供を産んでもらうこともできます。

しかし女性の場合は妊娠中は他の男性の子供を宿すことはできませんし出産も命がけです。
一生のうちで産める子供の数にも限度があります。

優秀な子孫を多く残したいというのは人間の本能です。
男性の場合はリスクが少ないので数を撃ちまくったほうがその目的を達成できる確率は高まります。
女性の場合は一生のうちで産める数が決まっているので相手を厳選しなければなりません。

この違いが男女の性的な行動の違いにつながっています。

女性が多くの子孫を残す方法

さきほども説明しましたが女性にも「優秀な子孫を多く残したい」という本能はあります。
しかし女性が何人も子供産むことは不可能です。

ではどうすれば良いでしょうか?

進化心理学の視点では孫をたくさん残せば良いという考え方があります。
遺伝子の4分の1は受け継がれるからです。

孫をたくさん残すためには自分の子供がたくさんの種を蒔いてくれなければなりません。

そのためには自分の子供が遊び人である必要があります。
それには父親が遊び人であるほうが望ましいといえます。

つまり色々な女性と関係を持つ男性に惹かれてしまうのは「この人との間にできた子供なら将来自分の遺伝子をたくさん残してくれるのではないか?」という期待が持てるからと考えることもできます。

人間は本当に一夫一妻なのか?

多くの人が人間は一夫一妻で社会を形成するものと思っています。
しかしそれが本能的に自然なことなのかと言われると分かりません。

男女の体格差や男性器の形状を鑑みると一夫多妻のほうが自然という研究もあります。

法律や社会規範を無視して想像してみてください。
文明のない時代に生きていると考えても良いです。
そこにつぎの2人の男性がいたとします。

・1人の女性しか得られない男性
・ハーレムを形成できる男性

どちらの男性との間に出来る子供がより優秀だと思うでしょうか?
おそらく後者だと思います。

数万年前の脳で考えるなら現代の遊び人というのはハーレムを作っている男です。
「不誠実な人」と軽蔑していても心のどこかでは「優秀なオス」と勘違いしてしまうこともあります。

またこれは私の個人的な感覚ですがSNSなどを見ていても女性は他人の「イイネ」に敏感で影響を受けやすいです。
遊び人は複数の女性からの「イイネ」をもらっているのと同じ状態ともいえます。
だから余計に魅力的に映ってしまうのかもしれません。



恋愛に限らずトラウマや恐怖症その他の理由の分からない不安というものはその原因を知ることで改善できることがあります。

恋愛依存症でなくとも遊び人に惹かれることはあり得ます。
なぜそのような事態に陥るのか理解することで異性に対する価値観を変化させられるかもしれません。

動物的な視点で見た場合、優秀であるが故に複数の女性を得ることの出来た男性の愛人になることが必ずしも悪い判断とは言えないかもしれません。

しかしそのタイプの遊び人は滅多にいませんから一般人が出会うことはないでしょう。

たいていの遊び人は単にだらしないけれど落としやすい女性を見分ける嗅覚が優れているだけの凡人です。

現代の人間社会では優秀なオスでなくともハーレムを作ることは可能だということを忘れないようにしましょう。

恋愛依存症カテゴリの最新記事