女性も性的興奮によって危険な判断をする可能性が高くなる

女性も性的興奮によって危険な判断をする可能性が高くなる

性欲が強過ぎるのではないかと考える女性がいますがそれほど不安になる必要はありません。
こんなにも卑猥な願望を持っているのは自分だけと思っていても他の人もそれなりのことを考えています。

性的なことと関係ない状況でも常に性的興奮が発生する「持続性性喚起症候群」などでない限りは大丈夫でしょう。

ただし女性でもムラムラしているときは気をつけてください。
冷静な判断力を失いリスクの高い選択をする可能性が高まるからです。

出会ったばかりの相手とコンドームが破けた後もセックスしますか?

性的興奮状態の人がどのような判断を下すのかということを調べた実験があります。

まず参加者はポルノ動画と普通の動画をそれぞれ見せられ興奮状態を自己評価します。
その後に架空の恋愛のシナリオにおいてどのように行動するかを回答します。

その結果、性的興奮のレベルが高い人ほどリスクの高い選択をしました。
例えば新たに出会ったばかりの相手とコンドームが破けた後もセックスを継続するなどです。

次の実験ではブラックジャックをプレイしてもらいました。

ブラックジャックのルールを簡単に説明するとトランプの数字の合計数を競うゲームです。
21が最高でそれを超えてしまった場合は負けとなります。
ですから手持ちのカードの合計が19や20の場合はそれ以上は増やそうとするとリスクが高まります。

こちらの場合も性的興奮のレベルが高い人ほど既に手持ちのカードの合計数が大きくなっているにも関わらずより21に近づけようとカードを追加する傾向が高かったのです。

「私もムラムラしてたので」と言う女性

性的興奮が判断力を失わせる事例は日常生活の中でも見られます。
特に男性のほうが分かりやすいかもしれません。

例えば出会い系で明らかに業者と分かるような相手とやり取りを続けたり、繁華街でボッタクリ店の呼び込みに騙されたりします。
「風俗店は定期的に検査をしているから素人よりも性病をもらうリスクが低い」と考えてしまうのもこういった事情かもしれません。
頭の片隅では危険を認識していても性欲が判断の邪魔をするのです。

そしてこういった判断力の欠如は性的興奮状態の女性にも起こります。
ずっと片思いをしていた男性とセックスをしてしまったけれど後で遊ばれたということに気づいたという人は少なくありません。

もちろん好きな人に誘われて嬉しかったとか断わることで関係が切れてしまうのではと心配したからといった理由もあるでしょう。

しかし相談を受けている中で「私もムラムラしてたので」と言う女性もけっこう多いです。
その時点では相手がこれから恋人としての付き合いをしてくれるのかどうか不明でも「自分も性欲を解消したいしまあいいか」と判断してしまったということです。

後で性的興奮が治まって冷静に考えると失敗したなと思うのです。

女性だからといって性欲を侮ってはいけません。
思っている以上に判断力を奪うものなのです。

参考文献:Shayna Skakoon-Sparling, et al. (2016). The Impact of Sexual Arousal on Sexual Risk-Taking and Decision-Making in Men and Women.

心理学カテゴリの最新記事