幼稚園・保育園の頃から友達ができない子だったのはなぜか?

幼稚園・保育園の頃から友達ができない子だったのはなぜか?

大人になると空気を読んだり遠慮したりするため友達を作るのが難しくなります。
その点、幼稚園や保育園に通う子供は忖度しないので遊びに誘うハードルは低いです。
その時の気分や興味で「一緒に遊ぼう」と言えます。

しかし幼稚園保育園の時から友達ができない子だったという人もいます。
そのまま大人になって親友と呼べる人がいないというケースもあります。

積極性がなくなると孤立しやすい

幼稚園では生まれ持ったカリスマ性のある子を除いては積極性のある子の方が多くの友達ができやすいです。
つまり自分から「遊ぼう」「混ぜて」と言える子です。

小さな子供の場合「あの子が1人ぼっちでかわいそうだから混ぜてあげよう」と配慮できる子は少ないです。
目の前の楽しいことに夢中なので自分の希望を表明するのが苦手な子は孤独になりやすいのです。

友達から話しかけられた時に反応が薄い子も同様です。

積極的になれない原因は生まれ持った気質の他に家庭環境があります。
素直に意思表示することで怒鳴られたり殴られたりする環境にいると幼稚園や保育園においても自分の希望を出せなくなります。

理想を押し付け自然に生まれてくる感情にまで口出ししてしまう親がいる場合も遠慮するようになります。

親が出しゃばると子供の自立を阻害する

親が子供の友達に対してやたらと話しかけているシーンに出くわすことがあります。
子供同士で話すべきことを奪っているのです。
「うちの子と仲良くしてあげてね」と言いながらその機会を奪っているのです。

このように親が交友関係に干渉することで友達が出来難くなることもあります。
親が出しゃばりすぎることによって子どもの自立を妨げてしまうのです。
すると一人で友達の輪に入っていく方法が分からなくなってしまいます。

心の傷害事件

子供は無邪気で残酷な生き物です。
遊びに混ぜてと言ってきた子に「汚いから嫌だ」とか「嫌いだからあっちいって」ということがあります。
言った方は何とも思っていなくても言われた方は心に深く傷を負います。

そして断られたり否定されることを恐れて積極性が失われるのです。

人の性格形成を考える上で遺伝や親の育て方について語られることが多いです。
しかし友達の影響もかなり大きいと主張する研究者もいます。

幼稚園・保育園時代の記憶は曖昧になっているものです。
自分でも忘れている「心の傷害事件」とでも言うべき出来事が大人になった今も影響を受けている可能性もあります。

幼稚園・保育園時代に作られた他者とのコミュニケーションの型を長年使っているとそれが当然と思ってしまいます。

そして「自分は友達ができないタイプの人間」と勘違いしたまま大人になってしまうこともあるのです。

アダルトチルドレンカテゴリの最新記事