カウンセリング予約受付中(東京都内)

仕事や趣味に熱中する回避依存症者

仕事や趣味に熱中する回避依存症者

回避依存症者は仕事や趣味に熱中して恋人を放っておくことがあります。

彼らが何かに熱中する理由は「力を求めるため」「自分の問題と向き合わないため」といくつか考えられます。

中でも多いのは恋人よりも優先すべきものがあるというアピールをして支配するためというものです。

「仕事よりも君の方が下の立場だよ」ということで主導権を握るのです。

他に熱中することで恋人を支配する

回避依存症者が仕事や趣味に熱中することで恋人を支配することがあります。

恋人が「もっと時間を作って欲しい」といっても仕事や大切な趣味があると言って断るのです。

それが相手にとって大切なものであると言われてしまった恋人はそれ以上求めることが出来なくなります。

自分の都合によって恋人の願いを断るという行為は大きな意味を持ちます。今後の支配権を握ることが出来るからです。

また「自分にとって最も大切なものは仕事である」と伝えることによって序列を作ることが出来ます。

1番が仕事で2番が自分、3番が恋人という暗黙の序列をつくることができるのです。

優先すべきものがあるのだから君を優先しないの当然だという態度が取れます。

すると恋人はそれ以上は踏み込むことが出来なくなります。

この距離を作っておくことによって何か問題が起こったときも逃げ出すことが出来ますし、面倒なことを恋人に押し付けることが出来るのです。

回避依存症者はこのことを感覚的に知っているので趣味や仕事に没頭しているということを主張するのです。

支配されないために力を求める

回避依存症者と付き合っている女性のカウンセリングをしているときに彼氏はどんな人か聞くと優秀な人であることが少なくありません。(もちろん真逆もいます)

会社経営者や一流企業勤務、専門職など社会的地位の高い職業に就いていることがあるのです。

このタイプの回避依存症者は力を求めたがるのです。

それは地位、権力お金など多岐に渡ります。

なぜ力を求めるのでしょうか?

それは支配されないためです。

回避依存症者は他者から支配されると精神が疲弊してしまいます。

だから支配されないために力をつけて支配する側に回るのです。

誰かの上に立つことによる喜びを感じていることもありますがそれは支配されない安心感の裏返しの場合もあります。

またコンプレックスを解消するために力を求めることもあります。

育ちや学歴にコンプレックスを抱えている人は自分の力で地位やお金を得ることでそれを解消しようとします。

この場合は力を得ただけでは納得できず他者を従わせたり他者からの賞賛を得ることも必要とします。

自分の問題と向き合いたくない

恋愛依存症の女性が自分の問題と向き合いたくない時は問題のある恋人を求めることが多いです。

恋人の問題によって自分の問題から目を背けることが出来るからです。

回避依存症者が自分の問題と向き合いたくないときは仕事や趣味に没頭することがあります。

自分のことを考える暇もないくらいに仕事や趣味の予定を入れることで感情の起伏を起こさないようにするのです。

また回避依存症者の中には生きがいを仕事や趣味で獲得しようとする人もいます。

しかしその獲得に失敗する引きこもってしまうこともあります。

彼らの熱中の仕方は脆さをはらんでいるのです。

熱中しているフリでもモテる

恋愛に興味なさそうに他のことに一生懸命になっている男性に惹かれやすいという女性は多いです。

回避依存症者はそのことを知っています。

そのためそれほど熱中していなかったとしても熱中しているフリをすることがあります。

飲みの席でやたらと将来の夢を語ったりするのです。

そして一部の女性はそういった姿に惹かれてしまいます。

その男性が本当に実力があるのか?などという疑いは挟みません。

自分もその夢を応援してあげようなどと考えてしまうことさえあります。

貢いでしまうタイプの恋愛依存症者によくあるパターンです。

このパターンに陥ると時間、お金、気力の全てを奪われてしまいます。

何かに熱中している男性は格好良く見えるかもしれません。

しかしそれが健全なものであるかはしっかりと判断しなければなりません。

アダルトチルドレン・共依存のカウンセリング

カウンセリングをご希望の方は予約システムよりお願いいたします。 それぞれに合わせたカウンセリング行っております。 東京都千代田区内、新御茶ノ水、淡路町より徒歩すぐです。

回避依存症カテゴリの最新記事