カウンセリング予約受付中(東京都内)

親を許せなくてもアダルトチルドレンは克服できる

親を許せなくてもアダルトチルドレンは克服できる

アダルトチルドレンの中には親を許すことが出来ないと悩む人がいますが問題ありません。

自分を苦しめた人を許すことの素晴らしさを強調する人たちがいますがこのような「一見素晴らしそうに聞こえるけれど抽象的で薄い事」を言う人は大した人生経験を積んでいないことが多いです。

内容の浅い自己啓発本の受け売りなので気にする必要はありません。

「許さないといけないから許す」では意味がない

あなたがアダルトチルドレンになった責任は親にあります。

その親を許すことで自分が開放され克服につながるというカウンセラーもいます。

しかしそれがうまくいくことは少ないでしょう。

それができれば最初からアダルトチルドレンとして苦しんではいないはずです。

アダルトチルドレンは人にとても気を使います。それはカウンセラーに対してもです。

回復した気がしていなくてもなかなか言い出せない人がたくさんいます。

実感がなくても「親を許すことはできましたか」と聞かれると「はい」と答えてしまうこともあります。

無理やり自分の心を抑えつけて親を許したことにしようとする人もいます。

そうしないとアダルトチルドレンから回復できないと思っているからです。

しかしこれは「許さなければいけないから許すことにした」だけなのです。自分を脅迫しているようなものです。

この状態でアダルトチルドレンを克服できたと思って放置しておくと後で反動がきます。

心の底にわだかまりが残ったままですから再び怒りの感情が沸き上がってくるのです。

そしていつまでも怒り続けている自分は心が狭いのかと自己嫌悪に陥り余計に苦しむことになります。

謝罪も反省もない相手を許すほうが不自然である

「親を許すな」と言っているわけではありません。

自分の中から自然にそういった気持ちが湧いてくるならそれが一番理想的なパターンです。

(この場合は「気にならなくなる」という心理になるほうが多いです)

しかし義務として許す必要は全くありません。

そもそもの前提として親の反省と謝罪が必要だと思います。

しかしアダルトチルドレンの親は自分が悪かったと認めることは少ないです。

「あなたの為だった」などと言うのです。

時には「あなたの記憶違い」と白を切ることもあります。

このような親と対峙すると余計に怒りや失望が生じる可能性があります。

確かにアダルトチルドレンの親本人も過酷な家庭環境で育っている可能性は高いです。

そういった意味では可哀想な部分もあるかもしれません。

それを知ることで自分がアダルトチルドレンとなった原因を淡々と受け入れる助けにはなりますから相手の立場を知ることは必要なこともあります。

しかし親の育った環境は免罪符とはなりません。

親の立場を知っても慮る必要はありません。

誰かにお金を盗まれたときに「犯人も生活に困っていたのだから仕方ない」と思う必要がないのと同じです。

親を許しても許さなくてもアダルトチルドレンを克服することは出来ます。

克服すると許す許さない以前に気にならなくなるのです。

親への感情で苦しむ必要はありません。

「ムカつく」と思っているのならその感情を認めてあげたほうが良いです。

無理に捨て去る必要もありません。

子供時代に出せなかった感情がようやく出せるようになっているのです。

回復のための大切なステップなのです。

綺麗事に惑わされてはいけません。

あなたが許さなければならないのは自分自身です。

アダルトチルドレン・共依存のカウンセリング

カウンセリングをご希望の方は予約システムよりお願いいたします。 それぞれに合わせたカウンセリング行っております。 東京都千代田区内、新御茶ノ水、淡路町より徒歩すぐです。

アダルトチルドレンカテゴリの最新記事