子供時代の虐待が成長と老化を早くするという研究結果

子供時代の虐待が成長と老化を早くするという研究結果

子供時代に暴力や心的外傷などの虐待を受けた人は成長と老化が早いという研究結果があります。

具体的には思春期が早まり、染色体では老化のサインが観察されるということです。

以前に「ACが若く見えるのは幼い心の影響」という記事を書きましたがそちらはあくまで外見的な特徴としての若さについてのものでした。

今回は生物学的な見地からの加齢についてのものとなります。

思春期が早くなり、老化のサインも見られる

ハーバード大学のケイティ・マクラフリン博士らが80の研究結果をメタ分析したところ虐待の影響について以下の関連が分かりました。

思春期が早くなる

暴力や心的外傷を受けると思春期が早まることがあります。

女性の場合は初潮が最大で数ヶ月早まることもあります。

思春期の始まる時期とその後の精神的な問題は過去の研究でも関連が指摘されています。

老化のサイン

子供時代の虐待が老化を早くするということも分かっています。

どのようにして分かったかというと染色体の観察によってです。

染色体の端にはテロメアと呼ばれる染色体の保護部分があります。

テロメアは細胞分裂の度に短くなることから「命の回数券」と呼ばれることもあります。

虐待を受けていた人は他の人と比べてこのテロメアが短かったのです。

これは老化のサインと考えることができます。

脳への影響

虐待が脳の組織を変形させるということはここ数年で広く知られるようになりました。

今回のハーバード大学の分析でも虐待によって脳の皮質が薄層化することが分かっています。

暴力や心的外傷を受けると情動や意志決定に関連する部位が影響を受け、ネグレクトによって感覚や認知処理に関連する部位が影響を受けます。

脅威に適応するために早く成長した?

子供時代の虐待が成長と老化に影響する原因としてマクラフリン博士は二つの推測を挙げています。

一つは暴力などの脅威がある環境においては死のリスクが高いと判断し早く子孫を残せる体をつくるために成長が早くなるということです。

そしてもう一つは感情を上手く処理することにより危険な環境に適応できるようにするためということです。

これらの適応は子孫を残すためだけに生きているのであれば有効かもしれません。

しかし私たちが生きる現代においては問題となることがあります。

なぜなら身体的または精神的な被害をもたらす可能性があるからです。

子供時代の虐待はうつ病や不安症の他にも心血管疾患や糖尿病、癌などの予測因子になるとも言われています。

参考文献:McLaughlin, Katie A. (2020). Biological aging in childhood and adolescence following experiences of threat and deprivation: A systematic review and meta-analysis.

<関連記事>
アダルトチルドレンとは
幼児期のストレスが脳の成熟を早めるという研究結果
子供時代の小さなストレスでも怖い顔への回避傾向を低減する

アダルトチルドレンカテゴリの最新記事